2020第10節 収穫と変更

すべてのウネに植付けを終えると秋も深まり収穫の季節となります。今年は長雨のあと猛暑日が続き野菜にとっては厳しい条件でした。サトイモの子芋の付き方が少なかったかも知れません。

来年度に向けて、いくつかの変更点をご案内いたします。
①標準区画の契約年度を1月~12月に変更し、通年利用に変更します。(従来の2月休園は廃止)
 これに伴い、翌年継続利用をお申込みいただければ、タマネギなど11月からの冬越し利用もOKになります。
 この場合のお礼肥えは、収穫後の春または夏に実施していただくことになります。
 したがって、従来のプラスクラスを廃止し、契約年度は標準区画に統一されます。
 利用料金は変更ありませんが、更新日が12月末となり早期割引はなくなりますのでご了承ください。

②新たに「花壇型菜園」を設けます。
 タタミ1枚分と2枚分の大きさで、木枠で囲った花壇型菜園です。
 ウネ作りの作業が不要になり、作業スペースも広く設けましたので、管理労力が軽減されます。
 広い層のご利用を期待しておりますので、ご利用の程よろしくお願いいたします。
 直近では、玉ねぎの植付けと収穫体験を募集しております。

第10節講習会は、本年度最後になります。資料はこちら
 テーマは前節に引き続き 土作り(肥料)の話と上記変更点のご紹介。
 開催日は 10月17日(土)10時から 
 三密対策のため、参加者は本年度入会者に限定させていただきます。

Follow me!

前の記事

2020第9節 秋収穫